部分入れ歯とインプラントどっちが良い?

人間の歯の生え変わりは一度しかありません。
乳歯から永久歯に生え変わった後には、二度と歯が生えてくることはありません。
そのため、永久歯が抜けてしまうと、歯は生えることはなく、見た目が悪いだけでなく、噛む能力も落ちてしまいます。
歯が1本抜けただけで、見た目も噛む機能も落ちるので不便に感じるでしょう。

そこで、歯を数本失った後に行う治療として、インプラントと部分入れ歯があります。
それぞれにメリットとデメリットがあるので、自分に合った治療を受けるようにしましょう。
自分に合うかの判断の前に、治療の特徴を知っておくといいでしょう。

まず、部分入れ歯ですが、昔からある治療なのでイメージしやすい治療です。
歯のない部分には、ピンク色の歯茎の部分と白い歯の部分からできた入れ歯を装着します。
保険が適用されるので、費用が安くなるというメリットがあります。
保険の場合、プラスチック樹脂を使用するので、固定するために、残っている歯に金属のバネを使用します。
笑うとバネが見えてしまうことや、バネがかかっている歯への負担が強くなってしまうというデメリットがあります。

最近は、バルプラストという新しい素材で作られた入れ歯もあります。
バルプラストは健康保険が適用されませんが、とてもやわらかい樹脂でできていて、指で曲げられるほどです。
金属のバネを使用しないというメリットがあり、口の中でも違和感も少ないという特徴があります。

一方で、インプラントは、入れ歯のように粘膜の上にのせているだけの治療ではありません、顎の骨にチタンを埋め込み、その上に人工の歯を装着する治療です。
そのため、入れ歯にはない自然な噛み心地が特徴です。
骨を通して、噛んでいることが分かるので、本物の歯のように使うことができます。
骨とチタンが支えているので、金属のバネを使うこともありません。

そして、インプラントは見た目も自然です。
装着する人工歯はセラミック製で、透明感のある白い素材です。
本物の歯と見分けがつかないほどで、とてもきれいな見た目になります。
ただ、インプラントの価格は健康保険が適用にならないので、費用が1本あたり30万円ほどと、高額になってしまうデメリットがあります。

部分入れ歯もインプラントも、歯を失った時に行う治療ですが、その内容は大きく異なります。
お口の状態によっても変わってくるので、悩んだ際には歯科医院で相談してみましょう。
状態に合った治療を受けることで、噛みやすく、見た目も回復することができます。