キシリトールガムは虫歯予防に効果的

効率よく虫歯予防をするには、虫歯が発生するメカニズムを知ることも大切です。
虫歯は、口の中の常在菌のうちミュータンス菌に代表されるいくつかの種類の細菌が関係して発症します。
虫歯の原因になる菌は、食事をした時に口の中に入ってきた糖分をエネルギーとして活動し酸を生成するのが特徴です。

歯の表面は大変硬い組織なのですが、酸にはとても弱いという性質があります。
原因菌が出す酸によって歯の表面が溶けてしまうのが虫歯です。
虫歯予防では、細菌対策がポイントになります。
いったん治療が終わった虫歯も、細菌対策を怠ってしまえば再発のリスクがあるからです。

細菌対策のひとつとして、キシリトールが注目されています。
キシリトールは、白樺やトウモロコシの芯由来の糖アルコールの一種です。
砂糖と同じように甘味があるので、甘味料として使われています。

虫歯予防で注目されているのが、このキシリトールを使ったガムです。
虫歯の原因菌であるミュータンス菌は食事の糖分を取り込んで栄養にしますが、キシリトールの糖分を取り込むとエネルギーとして代謝ができず細菌として活動が鈍ることが知られています。
毎日毎回の食後にキシリトール成分が入ったガムを噛むことでミュータンス菌の活動を阻止でき、ガムを続けることで口の中のミュータンス菌の数を減らしていくことも可能です。

キシリトールは食品として認められた安全な成分で、虫歯予防効果が化学的に証明されています。
キシリトールガムでの虫歯予防では、食後にガムを噛んだらキシリトールの成分をできるだけ長く口の中に残すことが予防のコツです。
ガムを選ぶ時には、歯科医院に相談してキシリトール成分以外の砂糖などの糖分が含まれていない物を探すことで安全に虫歯予防できます。

キシリトールガムを食後に噛むことで唾液の分泌が促される効果があるのも、虫歯予防のポイントのひとつです。
ミュータンス菌は常時口の中にいるので、飲食をして糖分が入ってくるとその度に酸を生成します。
この酸により食べたり飲んだりする毎に歯の表面が溶け出すのが脱灰という現象です。
脱灰が続くと虫歯が進行してしまいますが、唾液にはカルシウムなどのミネラルを溶け出した歯の表面に補って修復する作用があります。
この唾液の作用が再石灰化です。

毎日食後にキシリトールガムを噛むことで唾液の分泌量が多くなると、食事中に脱灰が起こった部分の再石灰化がしやすくなります。
唾液による食後の再石灰化を助けるのも、キシリトールガムを使った虫歯予防効果のひとつです。